Windows2000のコマンドプロンプトで補完入力

 UNIXや、WindowsXPで補完入力を行うにはフォルダ名やファイル名を途中まで入力して
TABキーを押すことで補完入力をすることができます。しかしWindows2000ではデフォルトでは
このような機能は使用することができません。

 Windows2000で補完入力を行うには2通りの方法があります。

コマンドプロンプトのオプション指定

 cmd.exeのオプションに「/f:on」と指定します。
 これで、CTRL+Dでフォルダ名の補完、CTRL+Fでファイル名の補完が行えます。

レジストリにて指定

 regedit.exeを起動
 「HKEY_CURRENT_USER」→「Software」→「Microsoft」→「CommandProcessor」にある
 「CompletionChar」を編集して値に[9]を設定。
 これで、TABキーでフォルダ名の補完、ファイル名の補完が行えます。


back