転職上での資格の効用は?

[戻る]
kernelハッカー 2004/02/01(日) 00:11:58
直近のスレッドが時間切れのため書き込み不可となり、
くろさん
の感想を聞きたくても聞けないもので、
新しくスレッドを立てました。
ひさしぶりにこのサイトを見てくろさんの書き込みを発見!(笑
このサイトは好きなのですが
ここのスレッドだけなぜか人がこないようで。。。

くろさんは資格についてどのような感想をお持ちなんでしょうか?
ゼヒお聞かせ願えたらと思います。
また、有利に転職するにはどういった点に注意すればよいのかも
お教え願えませんでしょうか。。。(汗

謎の怪鳥 2004/02/02(月) 21:59:38
くろさんではないので、ちゃちゃに近くなりますが・・・。

自分の周りを見てみると、
資格は「人事考課における一つの評価材料」
とみなされていることが多いみたいですね。

「職務経歴が同程度の人たちであれば、資格を持っている人が採用されやすい」
「職務経歴が同程度の人たちであれば、資格を持っている人が昇進しやすい」

つまり、技術者としてのスキル評価材料ではなく
人事面における「他の社員との差別化」、つまり
「フィルター条件」に利用されているみたいです。
(大企業ほどこの傾向は強いようです。)

>また、有利に転職するにはどういった点に注意すればよいのかも
>お教え願えませんでしょうか。。。(汗

職種が技術系なのか営業系なのかで大きく異なるので、
一概に言えませんが、以下は技術系の転職の場合の
お話になります。

新卒採用の場合と異なり、転職者を募集しているということは、
「目の前に片付けなくてはならない業務がある(もしくは
これから出てくる)が、携わる人材がいない」
ということでしょう。
よほど余裕のある企業でもない限り、
「すぐに業務に携わって片付けられる人」が欲しいわけです。
なので、そうした場合の最大の評価基準は
業務経験 = 「過去に似たような業務に携わり、
成功させたことがあるかどうか」です。
そういった意味で言えば、資格の有無より、
職務経歴の内容がまず先に問われることになります。

「どんな業務に携わり、どんな役目を担ったのか?」
「その業務を通じて、どんな知識を得たのか?」
「業務遂行のために、与えられた期間・予算はどの程度だったのか?」
「スケジュール管理は適切になされたのか?」
「業務上どのような問題が発生したのか?、どのようにして解決したのか?」

こうした質問に一つ一つ答える形でまとめていくと、
業務経験を客観的に評価する材料が出揃います。
そうした客観的評価が、転職先の希望する人材に対する
要件と合致するかどうかが、カギになります。
で、採用候補が複数いる場合には、
資格の有無が次の判断材料になるわけです。

技術系の場合はこの程度ですが、管理職の場合には
この上に更に営業力とプロジェクト管理能力が問われますね。
プロジェクトメンバーのスケジュール管理の他、
請負型開発の場合は発注元顧客との折衝力、
自社企画型開発の場合には企画・マーケティング、
といった所でしょうか?

==

くろ 2004/02/04(水) 11:08:56
「くろ」です、こんにちは。

謎の怪鳥さんの素晴らしい文章が殆ど全てを言い表しているようです。
その通りだと私も思います。

資格を持っていることが即ちプラス評価されるとは限りませんが、
資格を持っていないことがマイナス評価となることがあります。

そういう意味で資格を取得することは大きな意味をもちます。
情報処理試験やオラクルマスター等の有名どころであれば、資格が
邪魔になることは決してないと言えるでしょう。

逆に資格がない場合は、資格を取得しようとしない、あるいは目標を
達成しきれないという印象が、評価として非積極、向上心不足、遂行力不足、
等となってしまいがちです。


転職の場においては、謎の怪鳥さんもおっしゃっているように、開発経歴が
まず評価のメインとなるでしょう。もしご自分のアピールポイントを探すので
あれば、やはりそこに主眼をおくべきです。

どんな経歴が求められているかは会社によってまちまちです。ある特化した
分野のスペシャリストを募集することもありますし、そうでない時もあります。
ちなみに私の場合は多くの言語、OS、業務に広く携わっている人を好ましく評価
することが多いです。

取得資格については、あくまでも添え物として、しかし自分の向上心、積極的な
自己啓発、…、という部分をそれとなく光らせておくと効果があるでしょう。


資格を取得するには普通努力が必要となります。その努力は決して履歴書の
資格欄を賑わすだけでなく、必ずやあなたの知識・技術力を向上させること
でしょう。そしてそういう努力を続ける習慣は、きっとあなたを優れた社会人と
してくれることでしょう。そしてそういうあなたの姿勢を、見てくれている人が
必ずいるはずだと思います。


まったくの拙文ですが、折角のお誘いでしたので書き込ませていただきました。

古いスレッドには追加発言できません。