Eメールに自動で送信するには?

[戻る]
持田 2000/11/25(土) 15:05:37
株価情報サイトの株価がある値段になると、自動で携帯にメールを
送るのが目的です。
ホームページから、自動でデータをDLする方法はなんとく見えてきましたが
メール送信の方法がわかりません
教えて下さい

ひろ [E-Mail] 2000/11/27(月) 15:37:46
COleDocument::OnFileSendMail
この辺りを重点的に調べてみたらいかがでしょう?

持田 2000/11/30(木) 01:19:42
ひろ様へ

COleDocument::OnFileSendMail
を早速調べて
NPP
DRAWCLI 
のサンプルソースを試してみましたが
メールソフトを自動的に立ち上げるもので、目的にあいませんでした
果たして、MAPI、MFC には備わっていないのでしょうか?

ひろ [E-Mail] 2000/11/30(木) 13:40:50
じゃあこれでどうですか?
取り敢えずこれもメールソフト経由で送ってるんですけど、Winに付いてるDLL
の関数使ってますので大丈夫じゃないかと...
イメージ的にはUNIX系のSendMailに近いイメージで送れますよ。

  // 宛先設定
  MapiRecipDesc mrd;
  memset(&mrd, NULL, sizeof(mrd));
  mrd.ulRecipClass = MAPI_TO;
  mrd.lpszAddress = "hiro_h@auau.sony.co.jp";    

  // 添付ファイル情報設定
  MapiFileDesc mfd;
  memset(&mfd, NULL, sizeof(mfd));
  mfd.lpszPathName = "";               // 添付ファイルがあればファイル名を指定

  // メール情報設定
  MapiMessage mms;
  memset(&mms, NULL, sizeof(mms));
  mms.lpszSubject = "タイトル";        // メールのタイトル
  mms.lpszNoteText = "本文";           // メールの本文
  mms.nRecipCount = 1;                 // MapiRecipDesc構造体を設定した数
  mms.lpRecips = &mrd;                 // MapiRecipDesc構造体のポインタ
  mms.nFileCount = 1;          // MapiFileDesc構造体を設定した数
  mms.lpFiles = &mfd;               // MapiFileDesc構造体のポインタ

  // MAPIDLLロード
  HINSTANCE hDll;
  hDll = LoadLibrary("mapi32.dll");

  // DLL内の関数呼び出し
  if (hDll){
    ULONG (_stdcall *SendMail)(LHANDLE, ULONG, lpMapiMessage, FLAGS, ULONG);
      (FARPROC&)SendMail = GetProcAddress(hDll, "MAPISendMail");

      // 実際のメール送信
      int ret = SendMail(0, 0, &mms, MAPI_LOGON_UI, 0);

    // 異常時のエラー処理
    if (ret != SUCCESS_SUCCESS)
    {
    }
  }

持田 2000/11/30(木) 22:13:45
[[解決]]
ひろ様へ

見事なサンプルソースありがとうございました
最初にソースをよく見ずに、コンパイル&実行して、
メールを送ってしまい、届いていましたら失礼しました。

内容はこれからじっくり勉強させて頂きます

持田 2000/11/30(木) 22:58:31
実験報告 その1

通信回線が切断中は、送信トレイに置かれてダイアルアップはしませんでした。

ひろ [E-Mail] 2000/12/01(金) 12:44:43
多分RasDial辺りで出来るんじゃないでしょうか?
この辺を調べてみて下さい。

持田 2000/12/02(土) 13:48:38
ひろ様へ

いろいろとヒントありがとうございます
自動接続は、先にURL検索を立ち上げる事で、解決いたしましたが
もう少し直接的な方法を調べてみます。

古いスレッドには追加発言できません。