ActiveXのEXE形式をVCで使用する方法

[戻る]
ゴンタ 2001/10/09(火) 18:50:54
Visual Basic 6.0 で ActiveX の EXE 形式のプログラムを作成しました。
内部にタイマーがあり、一定間隔でイベントを発生させるプログラム内容です。

VBの場合、クライアント側で、このActiveX の EXEを使用する場合、以下の記述をします。


Public WithEvents mwcmnSio As SioMonitor
Public Dim mccTest As Connector

Set mccTest = New Connector
Set mwcmnSio = mccTest.SioMonitor

ここで、質問なのですが、クライアントのプログラムを VC 6.0 で作成する場合、
ActiveX の EXE 形式を新しいクラスとして読み込めるのですが、上記にある
Set コマンドに対応する VC の記述方法が分かりません。
どなたか、どうぞ宜しくご回答お願いします。

ジラオ 2001/10/16(火) 13:11:21
一行目は CoCreateInstance() に相当します。
二行目は QueryInterface() に相当します。

が、VC++ では二行目の Set は必要なく、イベントハンドラを記述する必要があります。

MFCで同様の事をするのでしたらプロジェクトメニューからコントロールをプロジェクトへ追加すると
CWndベースのラッパクラスが出来上がります。ラッパクラスの中には SioMonitor イベントコンポー
ネントのラッパも出来上がっているはずなので、必要な部分をオーバーライドすることで OK です。

ATL の場合は ISioMonitor をインプリメントし、イベントハンドラ部分を全て実装する必要があります。
この辺は ATL のサンプルを見ると分かるかもしれません。

ゴンタ [E-Mail] 2001/10/18(木) 18:48:49
[[解決]]
ジオラさん、回答ありがとうございました。
中々、質問の仕方が悪い様で、回答をもらえませんでした。
早速、実験してみます。
ありがとうございました。

古いスレッドには追加発言できません。