VC++6のデバッグモードで、*aのメモリの確保エリアを見る場合は

[戻る]
Fj 2002/10/17(木) 16:06:13
何かコマンドがあるのでしょうか?

君は僕の太陽暦だ! 2002/10/17(木) 19:03:45
例えば「int *a;」なら「ウォッチ」で変数を書く個所に
「a,10」と記入すればaは要素が10個ある配列とみなして展開できますよ

Fj 2002/10/18(金) 10:45:13
[[解決]]
成功しました。
ありがとうございました。

Fj [E-Mail] 2002/10/21(月) 13:25:24
ただ、何故かこのコマンドをかけると、
反応が遅くって、そのままハングしちゃうようですが。

他に設定があるのかな?

アイススケーター 2002/10/21(月) 14:01:32
>ただ、何故かこのコマンドをかけると、
>反応が遅くって、そのままハングしちゃうようですが。

配列数を何個指定していますか?
数が多いほど、反応が遅くなりますし、確保しているエリア以外を参照しようとすると
問題があるのでは・・・

Fj [E-Mail] 2002/10/21(月) 15:00:58
確かに10くらいだとだいぶ楽になったような気がします。

ところで、配列の一部で
-1.#IND0
と出て来る部分があるのですが、これはどういう意味なのでしょうか?
この変数を使って、以降も計算して問題ないものなのでしょうか?
また、これがでないように、必ず小数点表示させることも出来るのでしょうか?

アイススケーター 2002/10/21(月) 15:59:04
配列の型は何ですか。

メモリのダンプから計算してみては・・・

古いスレッドには追加発言できません。