プログラムのコードについて

[戻る]
ベジ 2002/12/06(金) 14:13:50
インクルードを記述する際、例として以下のような書き方があります。

#include <atlbase.h>

#include "amcap.h"

カッコでくくる場合と、ダブルコーテーションでくくる場合です。
これらの違いってあるのでしょうか?

tib 2002/12/06(金) 14:21:37
#include <xxxx.h>
→標準インクルードパスにファイルが存在する。
VC++の場合、menubar > ツール > オプション > ディレクトリ タブ > 表示するディレク
トリ = インクルードファイル に書かれているフォルダに存在する。

#include "xxxx.h"
→標準インクルードパスにファイルが存在しない。コンパイルオプションで指定する。
VC++の場合、menubar > プロジェクト > 設定 > C/C++タブ > カテゴリ = プリプロセッ
サ > インクルードファイルのパス に書かれているフォルダに存在する。

ベジ 2002/12/06(金) 15:30:36
ご回答、ありがとうございます。
実は、
#include "xxxx.h"
で記述した、ヘッダファイルがオープンできないというエラーがでてきます。
これは
#include <xxxx.h>
のほうで記述されるような問題なのでしょうか?

tib 2002/12/06(金) 15:44:59
エラーが指摘されたというファイルはどこに存在しますか? 標準のファイルなら<xxx.h>
と記述すればいいですし、そうでないなら前述の通りに対処してください。

ベジ 2002/12/06(金) 16:11:49
DirectXのサンプルアプリケーションのファイルの中にありました。
これは、標準ファイルと呼んでいいのでしょうか・・・?

<>でくくり、ビルドしてみたのですが、うまくいかなかったです。
"crossbar.h"というファイルがくせ者のようです。

tib 2002/12/06(金) 16:28:59
>これは、標準ファイルと呼んでいいのでしょうか・・・?
普通はそうは呼ばないとおもいますが、問題はあなたが「標準として扱いたいかどうか」
です。いずれの場合にせよ、そのファイルが存在するフォルダをどうやってVC++に認識さ
せるか(どこでパスを登録するか)については既に述べたとおりです。

古いスレッドには追加発言できません。