CString::Formatで、存在しない文字列リソースIDを指定した場合のアサートを避けるには?

[戻る]
fooo 2004/04/14(水) 11:10:10
VC6、MFCでの開発です。宜しくお願い致します。

タイトルの通りですが、存在しない文字列リソースIDの文字列を取得しようとした場合、
アサートのダイアログが出てきますが、これを出さずに処理する方法がありますでしょう
か?

(コード)
CString str;
str.Format( 70000 ); // 70000は存在しないリソースID

TRY-CATCHも色々試してみたのですが・・・

n 2004/04/14(水) 11:18:27
「無視」してしまうとか、
あるいはCString::Format()呼び出し前にリソースの有無をチェックするとか。

fooo 2004/04/14(水) 11:31:58
[[解決]]
返答ありがとうございます。

もう少し詳しく調べてから投稿するべきでした。
FormatではなくLoadStringを使わないとだめですね。

ありがとうございました。

古いスレッドには追加発言できません。