排他制御について

[戻る]
タフガイ [E-Mail] 2004/11/04(木) 19:01:41
別々のEXEから一つのファイルにアクセスするのに排他制御を行いたいのですが、
CMutexオブジェクトだけを生成してCMutexクラスメンバのLock等を使うのと
CSingleLockのオブジェクトにCMutexのオブジェクトのアドレスを格納してCSingleLock
クラスメンバのLock等を使うのとではどう違うのでしょうか?
Webで排他制御を調べていると後者の方が多いようですが。

MSDNやWeb上では分かりかねました。
排他制御に詳しい方、ご教授お願いします。

dairygoods 2004/11/04(木) 20:15:50
CSingleLockを使うと、解放し忘れを防止できるので比較的安全です。

タフガイ [E-Mail] 2004/11/08(月) 10:26:32
[[解決]]
dairygoodsさん、早速レス頂いていたのにこちらの返信がおくれて申し訳ありません。

CSingleLockを使うと開放し忘れ防止できるというだけで機能には違いはないというわけ
ですね。
どうも違いが分からなかったんですが、特に排他制御の機能についてはCSingleLockをわ
ざわざ使わなくても良さそうですね。

ありがとうございました。

古いスレッドには追加発言できません。