CPPUnitを使用してのVC++のデバッグについて

[戻る]
suzuki 2004/11/16(火) 12:27:18
VC++でプログラムを開発してCPPUnitで単体テストをすることを考えております。世
間の本などでは良いことばかり書かれておりますが、実際に業務で使われている方いましたら使
用感(長所、短所など)を教えて下さい。

επιστημη [E-Mail] [HomePage] 2004/11/16(火) 13:01:09
使ってみるのが一番です。タダですし。
確かに、テストが楽になります。

PATIO 2004/11/17(水) 13:32:21
やり方に慣れてしまえば、繰り返してテストする場合が楽なので良いと思います。
但し、テストするためにはテストクラスのコーディングをする必要がありますから
単純な検証なら大した事はないですが、検証方法が複雑になるとそれなりにコードも
複雑化します。テストクラスのコーディングにバグがあると話にならないので
その辺は注意が必要かもしれません。
実際に共通関数の単体試験をCppUnitで作成してみていますが、
再テストが大変楽なので機能の追加とかやりやすくなっています。
CppUnitの良いと思うところはなんと言っても作成済みのテストクラスを使えば、
クラスの手直しをした時に既存部分のテストがあっという間にできると言う点です。
リファクタリングを気軽に出来るようになるので良いと思いますよ。
単体テストには向いていると思いますけれど、結合テストなんかには使えないと思うので
その辺は何でもかんでもCppUintを使うのではなくて使い分けが必要だと思います。

suzuki 2004/11/18(木) 20:25:29
[[解決]]
επιστημηさん、PATIOさん返信有り難うございました。実際に試してみてテストクラスのコー
ディングの大変さ(工数)を実感してみたいと思います。慣れればたいした工数かからないと判
断できたら間違いなく使うことになると思います。

古いスレッドには追加発言できません。