ファイルをフォルダ分けしている場合、クラスや関数の追加を行うと変なところにできる

[戻る]
rin 2007/02/28(水) 17:47:00
環境:WinXpSp2 VC2005 (主にMFC)
用途ごとに下層フォルダを作っておき、cpp・hファイルをわけて管理しています。

1:クラスの追加(MFCクラスの追加時)
クラスの追加にはVCの機能の「クラスの追加」を利用し、作成されるファイル名のとこ
ろにフォルダパスを追加することで作成しています。
このとき、.cppの先頭に自動生成される.hへのインクルードパスにフォルダの分まで
追加されてしまいビルドエラーになってしまいます。
VC6のときは、たとえ.cppと.hを別のフォルダに作成したとしてもきちんと通るよ
うにインクルードパスが生成されていたのですが、VC2005ではなぜか通るようには生成
されません。
#プロジェクトの.hへのパスがVC6でもVC2005でも通ってないので
#どっちにしろ手を入れないとビルドはできないのですが・・・

2:関数の追加(MFCクラスに限らず)
1の話題の続きになります
記述してあるファイルがフォルダ分けしてあるクラスに対し、関数の追加を行おうとする
と、vcprojのある階層に新たに.cppファイルを勝手に作成して関数を追加されてしまいま
す。
クラス追加のダイアログでファイルパスを毎回指定しなおせば目的のファイル内に生成さ
れるのですが、VC6のときには、きちんとフォルダの中にある.cppファイルの終末部分
に追加してくれました。
これと同じように作業したいのです。


以上2点の動作について、VC6のとき同様の動作させるには何か設定があるのでしょう
か?
もしくは、VC6の時代にこの動作に問題があり、現在の仕様になったのならば、どのよ
うな理由かわかりますでしょうか?

よろしくお願いいたします

PATIO 2007/03/01(木) 16:01:56
と言うよりもVC自体は端からデフォルト以外のフォルダ構成で使う場合は、
あちこちに不都合が出て手で修正しないとうまくビルドできないケースも
結構ありましたから、VC6では偶々出来ていただけと言う話では無いかと
思います。
IDEのソリューションエクスプローラー上で見た目のフォルダ分けをする分には
大丈夫なようですが、実際にフォルダを細かく分けてしまうとビルドでうまく行かない
ケースがあったので今では分けてもせいぜいプロジェクト単位程度にしか分けないように
しています。私が知る限りでは言われているような動作をさせる事は無理なのではと思い
ます。
どうしてもフォルダー構成を変えたいのであれば、今行っている手間を惜しまずに続ける
か、クラスの追加、メンバー変数、メンバー関数の追加はエディター上で手で行うか
しないと仕方が無いのではと思います。

rin 2007/03/05(月) 22:44:05
[[解決]]
PATIOさん
返事が遅れて申し訳ありません
設定などではできないのですね
残念ですが、今のままがんばろうと思います
ありがとうございました

古いスレッドには追加発言できません。