LPC( Local Procedure Call )を使ったコードの書き方は?

[戻る]
ぶた 2016/07/23(土) 19:45:35
プロセス間通信(IPC)が必要になり、現状 https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/50bewfwa.aspx の最下部を使って自前で再利用可能( = ライブラリ的 )な通信機能を用意・使用してい
ます。

が、数十年前からある物だから、開発と実行の双方で効率の良いライブラリが既存だろうと思い、https://en.wikipedia.org/wiki/Local_Procedure_Call に辿りつきました。
しかい具体的なコード例等の説明が見つからず、頓挫してしまっております。そこでタイトルに関する情報や助言を識者に頂けたらと思い、投稿させて頂きました。

RPCならDCOM仕様( ライブラリはATL )を使って行うのかな? と推測するのですが、ネットワーク通信は不要なため IPCだけを行うLPCのやり方を探しています。

環境
・Win7 Pro. x64
・VS2015 Pro. の VC++14
・言語はC++11 + 部分的に14

上記は、全て最新パッチを適用済。

どうぞ宜しくお願い致します。

仲澤@失業者 2016/07/25(月) 12:53:01
提示された最初のページは「セクション」の説明でした。
この内容は本質的にIPCとは無関係かと思われるのですがどうなんでしょう。
次にLPCのWikiは一般論なので、具体的内容を期待することはできないでしょう。
しかも、Windows上の狭義のLPCはユーザーアプリケーションから直接は使用することがで
きません。

もっとも、単にプロセス間で「もしもし」したいだけなのであれば、
プロセス間でデータを共有する方法は複数用意されています。
他にもあるかもしれませんが、思いつくまま並べてみると

(1)DDEを原理とする方法。クリップボード等ですね。
(2)ウインドウメッセージングを主たる方法とするもの。WM_COPYDATA等ですね。
(3)TCP/IP等通信の応用。メールスロット、パイプ等ですね。
(4)ストレージ等のリソースを応用したもの。ファイルマッピング等ですね。
(5)セマフォ等の同期処理に関連するもの。

当たり前ですが、それぞれ向き不向きがあるので、どれを選択するかは、
対象機能に求められる仕様を熟知し、全ての方法と原理について理解してから、決定すべ
きかと考えます。

ぶた 2016/08/12(金) 14:25:58
[[解決]]
色々調べたら、「 これ という書式や規定はなく、とにかく同一計算機上の異なるプロセス間で
の関数呼び出しを行う事」という結論に至りました。

どうもありがとうございました。

古いスレッドには追加発言できません。