FinePrint

[戻る] [一覧] [コメント]


今回は仮想プリンタ「FinePrint」の紹介です。

仮想プリンタを使用していない人の為に、仮想プリンタって何なのかについてですが
通常、印刷先には物理的なプリンタを指定しますが、この代わりに指定できる論理的なプリンタのことです。
こちらに出力しておいて、出力したものを操作したり、加工したりすることができます。

まずは、印刷すると以下のイメージのようにFinePrintに出力されてプレビューされます。

ここから以下のような便利機能を使用できます。

まとめてから印刷。
 会社でプリンタを共有している環境で、あのファイルと、このファイルと、あの画像を印刷して〜とか
 やっていると、他人の印刷物が間にはさまって、自分の印刷物がまとまってでてこない。
 FinePrintで蓄積してから、印刷することでそんなこともありません。
 
縮小印刷(1ページに1,2,4,8分割印刷)、両面印刷
 特に使用するのがこの機能。1枚に大した情報量もないのに1ページを1枚に印刷するのは無駄です。
 縮小して、両面で印刷すれば、印刷枚数は激減です。
 両面印刷は、印刷側のアプリで対応しているかもしれませんが、仮想プリンタならどのアプリでも両面印刷できます。
 (ただし、プリンタが両面印刷に対応してないと無理ですが)

異なるアプリの印刷結果を1枚にまとめる。
 ExcelとWordの印刷結果を1枚に等。

印刷イメージをファイルとして保存。
 蓄積した印刷イメージは、ファイルとして取っておくことができ、再利用可能。
 最近のは、そのままPDFにもできるらしい。

プレビューできないアプリも印刷プレビュー。
 Word等はプレビューできるのでいいですが、開発しているアプリケーションとなると、プレビューがあるとは
 限りません。こんな時、印刷先にFinePrintを指定すれば、パソコン上で印刷イメージを確認できます。
 昔、開発フロアにプリンタがなくて、テストするたびに、違う階まで印刷物を取りにいっているなんてこともありました。
 あの階段の上り下りはなんだったんだ(泣)まぁ、運動にはなりましたが。

書いてみて、仕事場では必須アイテムだな。と思いましたね。(類似ツールもありますが)
これがなかったら効率が落ちるだろうな〜。

レビューに対するご意見、コメント

名前
種別
価格  
お勧め度
HP  

:FinePrint
:シェアウェア
:\6090