付箋紙21

[戻る] [一覧] [コメント]

今回は付箋ツール「付箋紙21」の紹介です。

開発というよりもパソコンを使用して行う仕事全般で使えるツールでしょう。
機能は、リアル付箋紙と一緒です(笑)

ネットワーク送受信等、多彩な機能は私は使用していないので詳細はHPにまかせます。
私は、デスクトップに貼り付けて、編集、フォントサイズ、色という基本機能のみ使用しています。
あとは、はがした付箋のログ機能も使ってますね。

(※)いろいろバージョン(付箋紙95、付箋紙97、付箋紙98、付箋紙2000)があるようですが付箋紙21が最新です。
 また、ネットワーク送受信機能を利用しなければフリーソフトとして利用できます。

どう仕事に生かすかですが、私は付箋紙でスケジュール管理タスク管理を行っています。
そんなものは、スケジューラー、グループウェアを使用しているよ。と思われるかもしれませんが
デスクトップに常に張り付いていた方が断然、便利です。
常に一瞬で見れ視界に入ってくるし、ツールの起動や、グループウェアへのログイン等は必要ありません。
(グループウェア等の否定ではないです。両者を使い分けた方が良い。)

・よく見かけるのが、付箋紙をデスクトップいっぱいに貼り付けて意味がなくなっているケース。
 これでは意味がありません。無用になった付箋はすぐにはがす、また編集し、常に最新状態にする必要があります。

・スケジューラ等に書くまでもない小さなタスクの管理がおすすめ!
 仕事をしていると、ちょっとした用事がたくさんありますよね。
 (管理しているサーバーにユーザーを追加してくれ〜、xx申請を出すように、いつまでにxxさんに連絡等など)
 これらを放置していて忘れていると、ダメ人間呼ばわりです。タスクが生まれた瞬間に付箋紙に書く
 常に視界に入っているので忘れない、これが付箋、本来の使い方ですね〜。

レビューに対するご意見、コメント

名前
種別
価格  
お勧め度
HP  

:付箋紙21
:フリーソフト/シェアウェア
:\1155