SI Object Browser

[戻る] [一覧] [コメント]

今回はOracle管理ツール「SI Object Browser」の紹介です。

Oracleを管理するツールのデファクトスタンダードな製品です。何ができるかというと
オブジェクト管理、SQL実行、DBA機能、PL/SQL開発、その他便利機能という具合です。

一部、Oracle付属のEnterprise Manager(Web版の)と機能がかぶりますが、Webからの管理なんて
レスポンスが遅すぎて使う気になりません。
(9i以前のバージョンは、Webじゃないけど役者不足ですね)

画面は、以下のようにスキーマ毎にオブジェクトが表示されていてそこからの操作も、直感的にアクセスできます。

便利な機能の例としては、
・GUIからのオブジェクト作成、インポート/エクスポート
・オブジェクトのCreate文表示
・テーブルから定義書(Excel)作成
・テーブルデータをクリップボードorファイルへ出力
・テーブルデータから、Insert文作成
・PL/SQLのステップ実行
等など

DBマガジン掲載記事(DBマガジン2005年6月号)、こちらも参考になりますね。

あまりにこちらのツールに慣れすぎると、コマンドを覚えないですし
このツールを使えない環境で困ったりします。
以前、お客さんの環境で、一旦SolarisにtelnetしてそこからしかOracleにアクセスできない
という環境がありました。そーいう場合はSQL*Plusに頼るしかないです。

おすすめのツールなんですが、ダウンロード販売で、1クライアントライセンス「\36750!
高いので、個人で買うものじゃないですね。会社に買ってもらいましょう。

レビューに対するご意見、コメント

名前
種別
価格  
お勧め度
HP  

:SI Object Browser
:シェアウェア
:\36750