TSXBIN

[戻る] [一覧] [コメント]

今回はバイナリエディタ「TSXBIN」の紹介です。

あまりこだわりはなくて私は使っているのでちょっとマイナーかもしれません。
ただ、使い勝手はいいと思います。
画面は、アドレス、HEX、テキスト表示のベーシックなもので
検索、編集、置換、アンドゥ、リドゥ等の基本的な機能は備えています。

あえて言えば、該当1バイトをダブルクリックしてサクッと編集できるところが気に入っています。

最近、Webアプリケーションばっかり開発していると、バイナリエディタを使う機会が減りました。
私のまわりでもそこそこわかっていると思っている人に、バイナリエディタでファイルを
開いてみせると「へっ?」みたいな顔なんてことも。テキスト形式、バイナリ形式とかちゃんとわかってないみたいです。
開発者は、バイナリエディタは必須ツールだと思うんですけどね。

話はさらに脱線して、Javaのクラスファイルをバイナリファイルで開くと
どのクラスファイルでも先頭2バイトが「CA FE」(つまりカフェ)であることを
ご存知でしょうか?。これって偶然?

追記
強力なシンボル表示機能があります。拡張子にあわせたシンボル定義ファイルが
読み込まれるのですがこのシンボル定義がスクリプトになっていてループ処理や条件分岐も可能。
ここまで出来るのはこのツールぐらい?です。

レビューに対するご意見、コメント

名前
種別
価格  
お勧め度
HP  

:TSXBIN
:フリーソフト
:-----